CHECK

日本酒の風味にかかわる重要な要因とは

日本酒の風味にかかわる重要な要因とは

日本酒は他のアルコール飲料と異なり、同じ材料を使って製造しても、その味わいや風味が異なっていると表現されます。これは個人的な感覚の違いということではなく、本当に味に差異があるからですが、これは人工的な香料や甘味料などを加えたからではありません。この味の違いに大きく関係しているのは、製造過程で発酵を促すために使われる酵母の働きがあるからです。 日本酒の原材料は米であり、この米の成分にある糖分を酵母を用いて発酵させることで、アルコールへの変化を促しています。この酵母は糖分を分解する時にアルコールだけではなく炭酸ガスも発生していて、この炭酸ガスが芳醇な香りと味わいを作りだす作用を担っています。 他にも日本酒は発酵過程での湿気や温度がその風味に大きく関係していて、その過程での状況で分解の進み方が異なり、最適な条件から逸脱してしまうとアルコールの生成はできますが、その味はとても悪くなってしまうでしょう。この問題は古くから知られていて、製造に関する責任者になる杜氏は最大限の注意を払って温度と湿度を最適な状態に維持し、最高の日本酒を生み出すための努力を行っています。

日本酒の重要な成分であるアミノ酸について

日本酒は主に米と水を原料にし、微生物により発酵させた食品です。 「百薬の長」と呼ばれており、効果のある重要な成分としてアミノ酸があげられます。 なかでも、バリン・ロイシン・イソロイシン・は日本酒にある独特の苦さを出しているといわれています。 これはヒトが体内で作ることが出来ない「必須アミノ酸」と呼ばれています。 特にバリンは筋肉の強化に効果的で、体の成長を促進する働きや血液の窒素バランスを調整する効果があり、アンモニアの代謝を改善、肌のハリを保つ効果があります。 また、アラニン、アルギニン、ヒスチジンは日本酒の甘味を醸し出す成分として近年、研究がなされています。 アラニンは、肌の潤いを保つ働き、脂肪を分解する酵素、リパーゼを活発にする働きなどがあります。 アルギニン、ヒスチジンは代謝や筋肉の衰えを防ぐ成長ホルモンとも呼ばれます。 しかし、ヒスチジンを過剰摂取すると、ヒスタミンの血中濃度が増加します。 ヒスタミンは神経伝達物質として働きますが、喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の方は、強いかゆみやじんましん、場合によってはショック症状を起こすなどの過剰反応が出てしまう可能性があります。

日本酒に関する情報サイト
日本酒の基礎知識

当サイトは理解を深めて楽しく飲むのためにおすすめの、もっと日本酒を堪能できるようになる情報をご紹介しています。様々な種類がある日本のお酒を飲み比べるための知識となるので、きっと役立つはずです。日本ならではのお酒の風味にかかわる重要な要因にも触れているので、香りの秘密を知りたい人にもおすすめです。日本のお酒のおいしさを維持できる期間も解説しています。美味しく飲める期間はどの程度なのかがわかるはずです。

Search