CHECK

理解を深めて楽しく飲もう!もっと日本酒を堪能できるようになる情報を紹介

当サイトは理解を深めて楽しく飲むのためにおすすめの、もっと日本酒を堪能できるようになる情報をご紹介しています。
様々な種類がある日本のお酒を飲み比べるための知識となるので、きっと役立つはずです。
日本ならではのお酒の風味にかかわる重要な要因にも触れているので、香りの秘密を知りたい人にもおすすめです。
日本のお酒のおいしさを維持できる期間も解説しています。
美味しく飲める期間はどの程度なのかがわかるはずです。

理解を深めて楽しく飲もう!もっと日本酒を堪能できるようになる情報を紹介

適量を美味しく堪能することで気分良く楽しい時間を過ごすことができる日本酒は、種類が豊富にあり分からないことが沢山あるという人は多いのではないでしょうか。
縄文時代や弥生時代からすでに作られていたという歴史がある日本酒は主原料が米と米麹、それから水という非常にシンプルなお酒です。
製法の違いで純米酒や純米吟醸それに吟醸酒、さらに山廃などといった種類があります。
辛口と甘口、それに淡麗や芳醇といった味に分類されます。

日本酒の製造が完了するまでの工程

日頃から私達に馴染みのある日本酒ですが、今は国内のみならず海外からも人気があります。
日本酒が製造される工程までには様々な人の手が加わっています。
お酒の味を左右する重要な素材は麹です。
その麹を作り出しているのが、お米なのですが、普段私達が口にするお米と違って酒米と呼ばれるお酒作り専用の物を使います。
酒米の特徴は、たんぱく質の含有量が低い所です。
粘り気が少なく心臓部分が大きいので水をよく含みます。
吸水性に優れているので、麹の発酵にも最適な訳です。
ご飯を炊く時と同様にお米を洗い、浸漬します。
この工程を適当にしてしまうと米糠が流出せず残ったままになってしまい、美味しい日本酒は作れません。
たっぷり水を含んだお米を蒸し器で蒸します。
蒸気のみを通す蒸籠か蒸米機を使っていきます。
酒米を蒸すとでんぷんが変化し、殺菌作用も増します。
お酒作りに適した水分量になります。
蒸したお米に麹菌を付着させていきます。
この麹菌はデリケートなので丁寧に扱います。

日本酒をオンライショップで購入する手順

実は日本酒は実にいろいろなとこおで手に入れることが出来るようになっています。
酒屋で買うというのはもはや古いですし、酒屋では限られた種類の商品歯科ありません。
行くのも面倒なものですから、是非とも日本酒をオンライショップで購入していくと良いでしょう。
オンラインショップであれば実に幅広い商品が格安で手に入れることができます。
日本の地域色恋商品が色々と手に入りますし、これまでに知らなかったようなものも手に入るのもオンラインならでは。
実店舗がないためコストダウンすることが出来るために価格的にも安くなっています。
まさに一石二鳥でしょう。
まとめ買いもしやすいですし、新作を予約したり、飲み比べお試しセットを購入しても良いです。
色々と楽しみ方があるのがいいですが、かなり激安価格で提供しているような商品もあるので節約したいという人にも良いことも。
いずれにせよ使う価値が大変高いですから、まずは検討してみると良いです。

原料や製造方法で分かれる日本酒の種類

日本酒の分類方法には、指定名称酒や原料、そして精米歩合による分類などがあります。
しかし、吟醸酒や純米酒、そして本醸造酒などのような3つの種類を把握しておけば指定名称酒などの事を気にすることなく好みの日本酒を選んで買い求めることもできます。
吟醸酒には、吟醸酒と大吟醸酒の2つがありますが、いずれも低温でじっくり発酵させる大きな違いは精米歩合です。
吟醸酒の場合は60%以下で大吟醸酒は50%以下、これらの精米歩合になっていないものはラベルに吟醸などの表記ができない決まりが存在しています。
純米酒は、米・米麹・水だけで製造されるもので醸造アルコールは含まれないなどの特徴があり、米本来の旨味および深いコクを楽しむことができる魅力を持つ日本酒です。
本醸造酒は、精米歩合が70%以下で米・米麹・水・醸造アルコールを使って製造されたもの、醸造アルコールは白米総重量の10%を超えないなどのルールが設けてあります。

日本酒のラベルを確認するときのポイント

日本酒には、瓶の正面や肩、裏面の3つのラベルが存在しています。
瓶の正面に貼ってあるものは日本酒の顔ともいえる重要なもので大きな文字を使って銘柄や商品名が記載してあるので、どのようなお酒であるのか一目でわかるような視認性を持ちます。
字体およびデザイン、色合いなどは銘柄で変わって来るのですが、和風調のものやワインのような印象を持つお洒落な洋風デザインなど様々です。
なお、日本酒のラベルはどのようなものでも良い、それぞれが独自の内容で印刷を行って瓶に貼り付ければ良い、このようなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
しかし、記載されている内容は一定のルールが設けてあり表記しなければならない必須項目が10種類存在します。
具体的には、酒類の品目・原材料名・製造時期・容量・アルコール度数・製造者の名称および所在地・保存または飲用上の注意事項・未成年飲酒防止に関する表記・輸入品の場合は原産国など、必ず記載すべき内容が決まっているわけです。

日本酒を長持ちさせる保管のテクニック

2010年頃から、若い世代の間で日本酒ブームが巻き起こっています。今ではスーパーやコンビニ・デパートなどでも特設置き場を設置して大々的に販売をされており、それに相まって各地の酒蔵でもそれぞれが趣向を凝らした商品開発をなされるまでに至りました。
これから日本酒を味わいたいという方も大勢いらっしゃるでしょうが、ここでは簡単に日本酒を長持ちさせるための保管テクニックをご紹介しましょう。お酒は基本的に高濃度のアルコールが含まれているため、常温で置かれる方が多い傾向です。ワインやウイスキーなども同様ですが、日本酒に至ってはその限りではありません。理由は非常に簡単で、発酵菌によって生み出されているからです。そのため、高温になりやすい場所で保管をすると発酵が進んでしまって本来の味わいを堪能できなくなります。理想的なのは10度以下の暗所となるところで、冷蔵庫のなかや専用の蔵に入れておけば5年以上でも風味は損なわれません。

日本酒の酸味がマッチしやすい料理

日本酒の酸味にマッチする料理を探すために必要なことは、味わいや香りの特徴が似ているものを選び合わせるとよいようです。同じ素材を使っていても、味付けの仕方で日本酒の味が異なるためです。そのため日本酒に合わせる場合には、酸味を感じさせる煮付けや、酢の物などが相性がよいとされています。しかし中には個性が強い料理もあるので、極端に強く味を感じたり、香りが強いものを合わせてお互いの個性が相殺されないように、バランスがよいものを考えて出すことが必要になります。
例を挙げると薫酒のように酸味や甘味のバランスが取れている酒には、甘い果実や花やハーブを思わせる香りもあります。アサリやハマグリの酒蒸し、新鮮な野菜をたくさん使ったラタトゥイユと一緒に出すとより風味が増し、日本酒が進みそうです。また柑橘系を使った酢の物や、酢でしめた魚、味の南蛮漬け、春雨サラダや棒棒鶏は、お互いの味を活かしあうので、相性が良いと言えます。

日本酒と他のアルコール類との相違点

毎日楽しく晩酌をしている人は多く飲みすぎなければ体にも悪くないと言うことでお酒はとても人気がありますが、お酒と一言で言っても様々な種類があります。
ビールやウィスキー、ハイサワーなど様々なタイプのお酒がありますが、問題は日本酒と他のアルコール類との相違点でこのことに重きを置いている人も多いです。
その違いは色々あるので調べていくと面白い結果が出てきますが、特に大きな違いは度数の問題でビールやワインよりも度数が高い日本酒が殆どです。
日本酒の場合酵母と麹などの材料を3回に分けて合わせる三段仕込と言う技法を使うので、長期間酵母を元気な状態に保ったまま発酵を進められるメリットがあります。 それが異例なほど高い度数を得ることができる一つの理由になっているのですが、それにより味わいが豊かで香りも楽しむ大きな要因となっています。
このように日本酒と他のアルコール類との相違点は色々ありそれによりこのお酒の特徴を掴むことができるのですが、体に優しいお酒も多いので好んで飲んでいる人が沢山います。

日本酒が新酒や古酒に分類される条件

日本酒には新酒と呼ばれるものと、古酒と呼ばれるものに分けられています。通常は毎年7月1日から翌年の6月末までに製造されたお酒が新酒とされ、その時期が前年度よりも前であるものが古酒だとされています。古酒の中でも醸造時期が前年度のものを指す場合と、それよりも前の時期に製造された場合には大古酒という呼び名となっているケースもあります。ただ、このように製造時期だけで新酒であると線引きされたものだけではなく、定義として見ていけば2通りのものがあります。
ひとつめは前述の通り、秋に収穫された新米を原材料とし翌年の春に出荷する日本酒を指しています。次にまだ火入れという殺菌処理をしていない生酒等も、新鮮な味わいが残っているために新酒と呼ばれることもあるのです。また、その風味も新酒であれば一口目には新鮮で独特な勢いを感じることができ、古酒になるとまろやかで深みのある味わいを感じることができるようになっています。このように明確な分類の仕方としては製造された時期によるものであり、その時期も明確に示されています。そして、日本酒を嗜む方からの視線では、実際に飲んだ時の感覚での分け方もあるのです。

日本酒の生産における蔵元や杜氏の役割

日本酒は国内では、800年頃の奈良時代に中国からその製法が伝わりました。その後、全国各地で酒造が誕生して色んな味わいの品が誕生をしています。
2000年以降は若い世代の間で日本酒が人気となっており、若者向けのスパークリングタイプやアルコール度数が低いものも誕生をしました。ここでは簡単に、日本酒の生産における蔵元や杜氏の役割を見ていくことにしましょう。まず蔵元とは、国内で流通をしている清酒の製造・管理を一手に引き受けているところです。一般的には酒蔵と呼ばれており、株式会社という表記をされています。日本では醸造法が非常に厳重に管理をされており、ほかの酒造では同じ品を作ることは出来ません。杜氏という方はその蔵で勤めている社員といえる立場であり、原材料の管理から製法までの知識を豊富に持つ人のことです。日本酒は発酵菌を使用して作られるため、温度管理などをしっかりと人の目で確認をして生み出されるものです。

日本酒に関する情報サイト
日本酒の基礎知識

当サイトは理解を深めて楽しく飲むのためにおすすめの、もっと日本酒を堪能できるようになる情報をご紹介しています。様々な種類がある日本のお酒を飲み比べるための知識となるので、きっと役立つはずです。日本ならではのお酒の風味にかかわる重要な要因にも触れているので、香りの秘密を知りたい人にもおすすめです。日本のお酒のおいしさを維持できる期間も解説しています。美味しく飲める期間はどの程度なのかがわかるはずです。

Search