CHECK

理解を深めて楽しく飲もう!もっと日本酒を堪能できるようになる情報を紹介

当サイトは理解を深めて楽しく飲むのためにおすすめの、もっと日本酒を堪能できるようになる情報をご紹介しています。
様々な種類がある日本のお酒を飲み比べるための知識となるので、きっと役立つはずです。
日本ならではのお酒の風味にかかわる重要な要因にも触れているので、香りの秘密を知りたい人にもおすすめです。
日本のお酒のおいしさを維持できる期間も解説しています。
美味しく飲める期間はどの程度なのかがわかるはずです。

理解を深めて楽しく飲もう!もっと日本酒を堪能できるようになる情報を紹介

適量を美味しく堪能することで気分良く楽しい時間を過ごすことができる日本酒は、種類が豊富にあり分からないことが沢山あるという人は多いのではないでしょうか。
縄文時代や弥生時代からすでに作られていたという歴史がある日本酒は主原料が米と米麹、それから水という非常にシンプルなお酒です。
製法の違いで純米酒や純米吟醸それに吟醸酒、さらに山廃などといった種類があります。
辛口と甘口、それに淡麗や芳醇といった味に分類されます。

日本酒の製造が完了するまでの工程

日頃から私達に馴染みのある日本酒ですが、今は国内のみならず海外からも人気があります。
日本酒が製造される工程までには様々な人の手が加わっています。
お酒の味を左右する重要な素材は麹です。
その麹を作り出しているのが、お米なのですが、普段私達が口にするお米と違って酒米と呼ばれるお酒作り専用の物を使います。
酒米の特徴は、たんぱく質の含有量が低い所です。
粘り気が少なく心臓部分が大きいので水をよく含みます。
吸水性に優れているので、麹の発酵にも最適な訳です。
ご飯を炊く時と同様にお米を洗い、浸漬します。
この工程を適当にしてしまうと米糠が流出せず残ったままになってしまい、美味しい日本酒は作れません。
たっぷり水を含んだお米を蒸し器で蒸します。
蒸気のみを通す蒸籠か蒸米機を使っていきます。
酒米を蒸すとでんぷんが変化し、殺菌作用も増します。
お酒作りに適した水分量になります。
蒸したお米に麹菌を付着させていきます。
この麹菌はデリケートなので丁寧に扱います。

日本酒をオンライショップで購入する手順

実は日本酒は実にいろいろなとこおで手に入れることが出来るようになっています。
酒屋で買うというのはもはや古いですし、酒屋では限られた種類の商品歯科ありません。
行くのも面倒なものですから、是非とも日本酒をオンライショップで購入していくと良いでしょう。
オンラインショップであれば実に幅広い商品が格安で手に入れることができます。
日本の地域色恋商品が色々と手に入りますし、これまでに知らなかったようなものも手に入るのもオンラインならでは。
実店舗がないためコストダウンすることが出来るために価格的にも安くなっています。
まさに一石二鳥でしょう。
まとめ買いもしやすいですし、新作を予約したり、飲み比べお試しセットを購入しても良いです。
色々と楽しみ方があるのがいいですが、かなり激安価格で提供しているような商品もあるので節約したいという人にも良いことも。
いずれにせよ使う価値が大変高いですから、まずは検討してみると良いです。

原料や製造方法で分かれる日本酒の種類

日本酒の分類方法には、指定名称酒や原料、そして精米歩合による分類などがあります。
しかし、吟醸酒や純米酒、そして本醸造酒などのような3つの種類を把握しておけば指定名称酒などの事を気にすることなく好みの日本酒を選んで買い求めることもできます。
吟醸酒には、吟醸酒と大吟醸酒の2つがありますが、いずれも低温でじっくり発酵させる大きな違いは精米歩合です。
吟醸酒の場合は60%以下で大吟醸酒は50%以下、これらの精米歩合になっていないものはラベルに吟醸などの表記ができない決まりが存在しています。
純米酒は、米・米麹・水だけで製造されるもので醸造アルコールは含まれないなどの特徴があり、米本来の旨味および深いコクを楽しむことができる魅力を持つ日本酒です。
本醸造酒は、精米歩合が70%以下で米・米麹・水・醸造アルコールを使って製造されたもの、醸造アルコールは白米総重量の10%を超えないなどのルールが設けてあります。

日本酒のラベルを確認するときのポイント

日本酒には、瓶の正面や肩、裏面の3つのラベルが存在しています。
瓶の正面に貼ってあるものは日本酒の顔ともいえる重要なもので大きな文字を使って銘柄や商品名が記載してあるので、どのようなお酒であるのか一目でわかるような視認性を持ちます。
字体およびデザイン、色合いなどは銘柄で変わって来るのですが、和風調のものやワインのような印象を持つお洒落な洋風デザインなど様々です。
なお、日本酒のラベルはどのようなものでも良い、それぞれが独自の内容で印刷を行って瓶に貼り付ければ良い、このようなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
しかし、記載されている内容は一定のルールが設けてあり表記しなければならない必須項目が10種類存在します。
具体的には、酒類の品目・原材料名・製造時期・容量・アルコール度数・製造者の名称および所在地・保存または飲用上の注意事項・未成年飲酒防止に関する表記・輸入品の場合は原産国など、必ず記載すべき内容が決まっているわけです。

日本酒に関する情報サイト
日本酒の基礎知識

当サイトは理解を深めて楽しく飲むのためにおすすめの、もっと日本酒を堪能できるようになる情報をご紹介しています。様々な種類がある日本のお酒を飲み比べるための知識となるので、きっと役立つはずです。日本ならではのお酒の風味にかかわる重要な要因にも触れているので、香りの秘密を知りたい人にもおすすめです。日本のお酒のおいしさを維持できる期間も解説しています。美味しく飲める期間はどの程度なのかがわかるはずです。

Search